Copyright© 2019 Project For Multicultural Society All Rights Reserved.

学習者が自分の思い、考えを

忠実に​​表現するための教室活動

私たちは2016年度から2018年度まで、福岡市、春日市、

糸島市で日本語ボランティアと日本語教師を対象にした

ワークショップを​継続して行ってきました。

一連のワークショップで、地域社会で生活する外国人を

対象にした新たな教室活動を提案しました。

​       アンケート回答者総数:87名

        参加者の声(こんな声もありました)

「訂正は最後にする、学習者に考えさせる。自分も​

 実践してみたいです。」「学習者の自発性を大切に

​ する。教える側の質問の質が大切だと分かった。」

2020年1月18日(土)にワークショップ開催が決定。チラシのダウンロードはこちらから。

​また、アルク『日本語ジャーナル』で教室活動についてコラム連載中(下記タイトルをクリックするとコラムに移動します)。

​アルク『日本語ジャーナル』コラム

​NeW
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now